スバルの中でも人気のインプレッサ、ATタイプとMTタイプの両方が販売されていますが、それぞれどのような魅力があるのでしょうか。

今回はインプレッサのAT車・MT車の魅力と、走りの比較についてご紹介します。

インプレッサのAT車の魅力とは

引用:http://kakaku.com/item/K0000319106/

インプレッサは日本の重工業メーカーであるスバルが生産し販売している、乗用車です。

1992年に初代が登場して以降、現在も販売され続けている人気の車種となっています。

日本では、インプという愛称で親しまれていたりするのです。

そんなインプレッサの人気が高まった理由は、趣味と実用を兼ね備えた車である点が大きかったりします。

ワゴン車というと以前までは商用車のイメージが強くあり、走りを楽しむよりも実用性を重視しているケースが多くあったのです。

ですがインプはワゴンとしての実用性を持ちながら、同時に運転する楽しみを与えてくれる車の魅力を持っていました。

実際に車体のデザインも洗練されていたため、登場した当時からスポーツワゴンという形で人気を得ていたのです。

そして走りを楽しむ人には、MT車もラインナップとして用意されていました。

ですが2016年に登場した5代目からはMT車は廃止されているのです。

その理由としては、MT車の購入者が激減したのが1つの理由だったりします。

それ以外にも、AT車の方が走行時の安全性を確保出来るというのが大きな理由の様です。

というのもインプレッサを含め、スバルの車には安全運転支援機能のアイサイトが搭載される様になっています。

AT車であればアイサイトの機能を十分に活かす事が出来るという理由も、含まれているのではないかと考えられているのです。

だからこそAT車インプレッサの魅力として、安全な走行が可能であるという点も外せません。

 

引用:https://response.jp/article/2018/02/26/306511.html

確かに車の運転をする際は、事故を起こさない様に安全運転を行うのが当たり前です。

ですが人間である以上、突然の体調不良や疲労による眠気というのは避けられなかったりします。

十分に安全運転に気遣っていても、そういった要因で安全運転が維持出来ない事が起こるのです。

その際にアイサイトがあれば、事故を未然に防ぐ効果が期待出来ます。

特にこれから高齢化社会が深刻化する日本では、アイサイトによるサポートは心強い味方です。

インプレッサの魅力としては、実用性が優れている点も外せません。

AT車とアイサイトの組み合わせなので、初心者でも無理なく安全に運転可能です。

実際に車体としてもコンパクトに纏まっているので、運転時にも小回りが利く車と言えます。

お陰で都市部の狭い路地でも、走行するのに困るという事態は余り起きなかったりするのです。

同時にワゴンタイプであれば、荷物も積み下ろしも楽に快適に行う事が出来て便利だったりします。

インプレッサのMT車について

引用:https://newcars.jp/news/new-subaru-impreza-5th-spec/

近年の自動車業界は、スポーツカーブームが再燃しつつあります。

スポーツカーと言えばクーペスタイルを連想しますが、自動車メーカーは様々な解釈でスポーティーな自動車の開発、製造を行っています。

そのスタイルはセダンタイプであったり、ハッチバックワゴンスタイルであったりと多様で、そのようなスポーティーな自動車の中でも、特に高い人気を誇っているのが、スバルが製造、販売しているインプレッサです。

インプレッサは、4ドアセダンタイプと5ドアハッチバックタイプの二種類をボディタイプとして用意しています。

どちらのボディタイプも、スポーティーさを押し出したアグレッシブな外観デザインとなっています。

走る楽しさを期待させてくれるようなスタイルとなっているのです。

インプレッサといえば、ラリーカー選手権に出場しているイメージが強く、ラリーレースにおいて培われた技術が市販車にフィードバックされています。

特に、上級グレードとなるSTIはラリーの技術が随所に盛り込まれ、市販車の中ではかなり高性能な自動車と言えるでしょう。

引用:https://www.carsensor.net/contents/testdrive/category_72/_10053.html

このように、スポーツカーの王道を走るインプレッサは、走る歓び、運転する楽しさを求めた人たちから大きな注目を集めています。

走りを重視する人たちだからこそ、こだわりが強く、そのような走行性能や運転する楽しさを追求した人たちが最初に注目するのは、トランスミッションです。

自分で操っている感覚が欲しいという人が多く、選ばれるのはMT車です。

MT車の特徴としましては、シフトレバーがショートストロークであるという点で、ショートストロークでギアチェンジを行うことが出来ますので、素早い変速を行うことが可能となっています。

コクコクとリズム良くギアチェンジできるシフトレバーは、運転する楽しさを求めている人たちにとっては喜ばしいことと言えるでしょう。

MT車といえばシフトレバーの他にもクラッチが搭載されますが、クラッチの踏み加減は、適度に反力があってクラッチを踏んでいることをしっかりとドライバーに認識させるよう、配慮されているのです。

反力があるからといって、踏み切れないほどのものではなく、女性の力でも奥までクラッチを踏み込むことが出来る程度の反力と言えます。

インプレッサは、スポーツ性がとても強い自動車です。

ハンドリングやトラクション等といった動力性能も高い次元で確保されていますので、操っている感覚を存分に味わうことができるMT車が高い人気を博しているのです。

スバルインプレッサのAT車MT車の走りを比較する

引用:https://jidoshafan.com/subaru-impreza-sti.html

近年の自動車市場は、スポーツカーブームが再燃しつつあります。

その動向を受けて、各自動車メーカーは、スポーツカーのみならず、スポーティーなセダンやスポーティーなハッチバック車などを製造、販売するようになりました。

その中でも根強い人気を誇るのが、スバルが製造、販売しているインプレッサです。

インプレッサには、4ドアセダンタイプと5ドアハッチバックタイプが用意されています。

搭載されるパワートレインは同じです。

ボクサーエンジンと呼ばれる水平対向のエンジンを搭載しています。

そして、STIと呼ばれる上級スポーツグレードが用意されていることも大きな特徴です。

それは、ラリーレースで培ったノウハウがフィードバックされたモデルです。

STIモデルはモータースポーツファンの間では非常に高い人気を博しています。

走りのイメージが強いインプレッサにおきまして、AT車MT車の走りを比較しますと、現行型では殆ど差が無いと言えるでしょう。

昔なら、MT車の方が運転が楽しい上に燃費が良いというイメージが強かったですが、現在のAT車は細かいコンピュータ制御で走行しますので、MT車よりも燃費が悪くなることはなくなりました。

場合によっては、AT車の方がMT車よりも電子制御のおかげで燃費が良くなることがあるのです。

引用:https://autoc-one.jp/subaru/wrx/report-2589055/

そして、走行性能ですが、現在のAT車は加速時の変速ショックと変速時のタイムラグがかなり少なくなりました。

スムーズで鋭い加速を体感することが出来ます。

加速性能もMT車と比較しても遅れをとることはありません。

同程度のタイムか、運転の仕方によってはMT車よりも加速が速い場合もあります。

これは、パドルシフトと呼ばれる手動ギアチェンジシステムが導入されていることも大きな要因です。

ハンドルの裏側に設置されているパドルをクリックすることで、手動でギアチェンジを行うことができます。

MT車感覚で操縦ができるため、運転そのものが楽しくなります。

しかし、往年のMT車ファンの間では、やはりMT車固有の面白さがあって、その魅力に魅了されている人たちがいることも確かです。

マニュアルシフトとクラッチでギアチェンジを行うという従来の運転操作こそ、スポーツカーの醍醐味であるという人は多いのです。

インプレッサのAT車MT車を比較したとき、どちらが優れているかは甲乙つけ難いです。

AT車、MT車それぞれに魅力がありますので、自分のドライビングスタイルに応じてチョイスするのが最良と言えるでしょう。
 

スバル・インプレッサの全てがわかる『インプレッサは安心がうれしい』はこちら!

この記事を書いた人

マーサ
神奈川県出身・定年を過ぎ時間をもて余しています。妻に代わり料理教室で料理に凝り始めています。ドライブには湘南エリアをTIDAで乗りまわしています。