日産自動車から販売されている小型ミニバンのセレナは、1991年に登場して以来常に好調な売り上げを続けています。

大勢が快適に乗車できる機能性の良さのほかに、重心が高いミニバンであるにも関わらず走りの楽しさを実現したという点で草分け的な存在であり、それが長く人気を維持している隠れた理由でもありました。

ここでは、セレナのAT車とMT車それぞれの特長について比較してみました。

日産セレナはAT車も人気になる

引用:https://matome.response.jp/articles/1604

セレナはAT車も人気になりやすいと考えられます。

というのはセレナを買う人の多くが圧倒的なコストパフォーマンスの良さというモノを意識していて、家族用やレジャー用に購入するという事を考えている人が多いという事が考えられます

また荷物が多く仕事と共用で使う事が出来るというような事もあるかもしれません。

そうなると、圧倒的にAT車の方が良いという事になります。

いろいろと操作をする必要がなくなりますから、それにかける手間がいらなくなりますし、操作に手間取る事もなくなります。

勿論、MT車でも慣れれば手間などと感じる事もなく操作をすることは出来るのですが、何かと荷物が多くなったりしてくると、このわずかな手間というのが煩わしいと感じるような事も少なくはありません。

基本的に何も考えないで良いというのと、考えなければならないという事の差は大きなものがあるという事になります。

これは、MTが当たり前という人からするとそのような事は取るに足らないというよりは、むしろ車の楽しみが減るというように感じてしまう事ではあるのですが、AT車に慣れている人からすると余分な事を考えなければならないという事で、その差は大きなものがあるという事になります。

また、最近の免許はAT車専用で取得をしている人も少なくはありませんから、セレナの様な大衆車的なものはやはり、AT車が好まれるという方向性が出やすいという事になるのかもしれません。

MT車は車を趣味で動かす人向けという感じになり、ドライブなどで利用するという人向けにはということになりますが、セレナはどちらかというとドライブ用途に使用されることは少ないという事が言えるのかもしれません。

座席は高い位置にあり、視界も良好でドライブをするにもよい車であることは間違いありませんが、荷物が多く積めるという積載量が特徴として考えられる車なので、まずは荷物や人を運ぶ用途として考えられるということになり、その目的に合致しやすいものが選択されやすいという事にはなります。

今は車はどんどんと進化をしているので、これからは運転しないでもよい自動運転車が登場するかもしれませんから、そのような事になれば、車は運転をするものでは無く、タクシーの様に利用するだけの物という事になる事も考えられます。

それまでにはかなりの期間がかかるという事が考えられますが、それまではこうした手間のかからない車が選択されることになりそうです。

日産セレナのMT車は初代モデルのみ

引用:https://matome.response.jp/articles/1604

外観のスタイルは小さなボンネットを持ったセミキャブオーバーのようになっていますが、実はエンジンはボンネットの中ではなく、助手席の下のあたりに搭載するキャブオーバー構造が採用されています。

これがバランスの良い運動性能の良さにつながっているわけですが、その他にも運動性能を引き上げるために、リアサスペンションにはマルチリンク式を採用しているのが特徴です。

トランスミッションに関しては、初代モデルにのみMT車が設定され、2代目以降はAT、CVTのみとなっています。

セレナの運動性能が良いとは言ってもスポーツカーではありませんので、快適に運転ができるATやCVTのほうがはるかに需要があるということでしょう。

ただ重量のある車体を力強く引っ張ったり、自分の意思で変速をしたいという方もあるかもしれません。

どうしてもMT車乗りたいという方は初代モデルの中古車を探すしかないでしょう。

数は少ないですが中古車サイトを見ると何台か見つけることはできるはすです。

最新の現行の5代目モデルは2016年に登場しましたが、フロントグリルには新世代の日産のデザインであるVモーションが採用され、豪華さと精悍さを増しています。

注目されるのは電動パワーユニットのe-POWER」システム搭載モデルです。

日産ノートでも採用され大ヒットとなっていますが、セレナでも人気が高いようです。特筆すべきは静粛性の高さで、走行中はロードノイズや風切音が少し聞こえるくらいです。

ミニバンに求められる性能の一つは、乗車している人たちと楽しく会話しながらドライブすることであるとするならば、セレナ「e-POWER」の静粛性の高さは十分満足できるレベルと言って良いでしょう。

またモーターによる加速感はスムーズでありながら力強いもので、通常のエンジンのようなアクセルを踏み込んだときの荒々しい加速感ではなく、静かにするすると加速していく感覚です。

これは実に新鮮で、気持ちの良いものです。

バッテリーが無くなるとエンジンが始動するのはハイブリッド車と同じですが、エンジンはあくまでバッテリーを補充するためのものとなっています。

セレナのAT車MT車の比較について

オートマ(AT)車とマニュアル(MT)車の違いの説明

車は多種ありますが、その中でAT車MT車という分類の仕方もあります。

その比較としてAT車は女性が多いということも出来ます。

対してMT車は男性が使っていることが多いです。

AT車MT車は操作に違いがあります。

なので、運転にそれ程こだわりが無かったり、使用する時間が限られていたりする場合にAT車を使うということもあります。

逆に運転にこだわっていたり、生活の中で長い時間運転をするという場合にはMT車を使う場合が多いです。

ただ、免許が欲しいということや入社試験などにおいて取得を求められている場合には十分AT車で用が済むかもしれません。

それ以上に通勤などで毎日のように使うことが分かっていたり、生活する上で車が重要になってきたりする場合にはMT車を使うでしょう。

セレナの車種としてはAT車MT車はその構造だけでなく、価格も大きく違ってきます。

もちろんAT車は比較的安くMT車は高いということになります。

その他の点でも、色やデザインにも違いが出てきます。

MT車の方がAT車に比べて凝ったものになってきます。

また車の体積などにもその違いが現れます。

車の外見も中もMT車の方が大きく広くなります。

数としてはMT車の方が断然多いです。

また、よくテレビのCMで流れていたり、試乗会に置いてあったりするものはMT車が多いと言えます。

MT車の方が見た目や評判がいいということなので、家族がいる人にとってはMT車を持つことがいいと言えるかもしれません。

他人に車の事を話たりする際にも恥ずかしくなることはなく示しがつくでしょう。

また、独身既婚に関わらず年齢的にも若くない中年以上の人はMT車を持っていた方がいいと言えます。

家族がいる人同様に他人に対して示しを付けることが出来るからです。

この様に持っているものに対して自信を持つということは意外と重要です。

特に年齢が上がってきたり家族を持ったりすると、生活する上で他人に対して堂々としていられるといことは大事なことになります。

この様な点でMT車はAT車と比較してより価値があると言えます。

もちろん価格も高くなりますが、それ以上の価値があると言って言い過ぎではないです。

この事を考えて、それでもAT車の方がいいということならそれでいいかもしれません。

他のメーカーのものについても当てはまります。

MT車の方がAT車に比べて種類が多く価値があるものになります。

日産セレナの価格、値引き、燃費、口コミや評価についての紹介サイト

この記事を書いた人

名前:マーサと申します。 常に初心忘るべからずがモットー